【博多織求評会】

投稿日:

こたつが恋しい季節になりましたが、

皆様お変わりなくお元気でしょうか?

 

先日、夢楽染では今年も博多織求評会に参加させていただきました!!

 

福岡市にある勅賜承天禅寺にて産地のメーカー様と様々な作品の求評をしてきました☆

新作の商品がズラーッと並んでおり、その中から絞って選ぶのは大変でした(+o+)

 

そもそも博多織とは…?

福岡県福岡市の主に博多地区で、特産とされる絹織物のことです。

江戸時代、福岡藩 黒田氏から徳川将軍家に献上された事から、

特に、最上の物を博多献上などとも呼ばれております。

博多織は細い経糸(たていと)を多く用い、太い緯糸(よこいと)を強く打ち込み、

主に、経糸を浮かせて、柄を織り出すのが特徴です。

生地に厚みや張りがあり、帯としての用途に非常に適しています。

また、博多帯の締め心地には、定評があり締める際には、

『キュッキュッ』と絹鳴りするのも、特徴の一つです!

 

そして工房見学では糸繰りから仕上げまでの工程を

見せていただき、改めて博多織の魅力を感じました☆

現在では織機が主流ですが、手織りに拘り続けている

【伝統工芸士】の井上久人さんの作業も見ることができました。

織機の場合は経糸はきつく張るそうですが、

手織りはふんわりとした感じに張って加減をしながら織っていくことが

できるので風合いが良くなるそうです!

密度の高い経糸に一定の力で強く緯糸に打ち込むには

技術とかなりの体力が必要ですよね!

 

その後、夢楽染の『良い物をお値打ちに』の精神に乗っ取り、

新作を仕入れてきました♡♡

伝統ある柄から驚くようなモダンな柄まで幅広く取り揃えております!!

これから各店舗に入荷されていきますので、

ぜひ一度どんなもんか手に取って目にしてみてくださいませ☆

見てて楽しくなるようなものばかりです♪

その他の写真

その他の記事